「2015年1月」の記事一覧(2 / 2ページ)

不規則な生活をしても病気になりにくい人が持つ酵素とは

体内の解毒の主役である肝臓は、あらゆる物質を代謝している人体最大の化学工場といえます。解毒は、肝臓の受け持つ大きな役割のひとつです。 この解毒ですが、第一段階と第二段階とあり、第一段階でおよそ50~100種類の酵素が使用・・・

シトクロムP450と呼ばれる酵素

体質的にお酒に弱いという人でも、無理をしてお酒を飲んでいると肝臓の処理能力が高まり、お酒が飲めるようになる場合もあるため、訓練すればお酒に強い体質になれるといわれています。 なぜならば、第一段階の処理で、アルデヒド脱水素・・・

酵素は民族の体質に大きな影響を及ぼしている

二日酔いの原因であるアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という酵素は、私たち日本人には持ち合わせが少ないです。日本人のうち、体質的にお酒を受けつけないという人はおよそ5%いるといわれています。 逆に、欧米人は生まれつきたくさ・・・

酵素と二日酔いの関係とは?

お酒を飲んだ後、胃と小腸上部でアルコールが吸収され、最後に肝臓に運ばれます。ここで、次の二段階の酵素作用を受けて処理されます。 まず、第一段階では、肝臓にあるアルコール脱水素分解酵素(ADH)が、アルコールをアセトアルデ・・・

酵素は産生から活性酸素の処理まで行う

全身の細胞で発生する活性酸素は、私たちの健康に大きな影響を与え、約200種類もの弊害があります。 エネルギーを産生する際に、呼吸によって酸素が燃やされるのですが、そのときの燃えカスによって発生するものが、活性酸素のスーパ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ