酵素の種類

酵素には代謝酵素、消化酵素、食物酵素がある

酵素には、最適pHと呼ばれている、0~14までの数値で表される水素イオン指数が存在します。分類は、7は中性、7以下は酸性、7以上はアルカリ性です。
人のからだは、弱アルカリ性が良いといわれていますが、消化管は胃のように酸性が豊富です。しかし、逆に小腸の十二指腸の場合は、消化酵素の膵液を分泌させるために、アルカリ性の環境にならなければなりません。人間のpHについては、酵素はpHの指数にも大きく影響されています。
体内での酵素の役割についてですが、体内での酵素の役割は、大きく分けて消化酵素と代謝酵素の2つの種類の役割があります。この消化酵素と代謝酵素の2つを合わせて、潜在酵素と呼ばれています。
また、酵素にはもう1種類あります。それは、食物酵素といわれる生の食物のなかに含まれているものです。酵素は、動物や食物などの命あるものすべてに存在していますが、これらを食べて外部から取り入れる酵素のことを食物酵素といい、体外酵素とも呼ばれています。

 

酵素と化学反応の関係

酵素のサイズは、ほぼ5~20ナノメートルです。ナノメートルは、1ミリの100万分の1であり、顕微鏡で見ることは不可能です。球状の形をしていて、絶えず動き回って、衝突して変化します。
酵素は100万分の1秒ごとに衝突を繰り返すため、反応速度は非常に早いです。この運動を分子のダンスといいます。1分間に一つの酵素が合成する分子の平均数は、約3600万個です。酵素の中には、4億回ににのぼるものもあります。
酵素の大きな特徴として、基質特異性というものがあります。酵素によって化学反応を触媒される物質のことを基質といいいます。
人間の体は、入ってきた食物の種類に応じて、その時々にふさわしい消化酵素を選んで、必要な量を分泌します。これを、適応分泌の法則といいます。
また、特定の基質が酵素の活性化部分に入り込みます。酵素はすべて形が違い、ここに入り込まないと、化学反応は起こらないのです。
酵素は、複数の化学反応を一度に掛け持ちすることができず、ひとつの酵素が触媒として働くことが出来る化学反応は、1種類のみです。

 

多種多様な酵素が体の中で作られている!

人間の体内では毎日、それぞれの細胞の中で多種多様な酵素が作られています。どの酵素を作るかという青写真を、細胞核にあるDNAが作成して、遺伝子が作成します。消化酵素も消化器の細胞内で作成されています。
酵素のほとんどが、前駆物質のような不活性の形状で造られて、必要に応じて活性化されて製造します。
例を挙げると、ペプシノーゲンは食べ物を溶かすために胃液が多く分泌されて、胃のpHが下降する際にタンパク質分解酵素のペプシンへと変換します。このように、必要なときに、必要な分だけを分泌することが酵素の特徴です。
睡眠中に酵素が細胞核の中で作られています。しっかりとした睡眠がとれていれば、充分に酵素も生産されるため、睡眠は非常に大切です。
酵素は、ひとりの人間の細胞のために約1万3000種類が用いられています。アミノ酸の種類や、配列、そして割合などの違いによって、さまざまなたんぱく質が体内で作られ、それによって私達の体は構成されているのです。たんぱく質だけで9000種類以上も存在しますが、それだけ私達の体に欠かせないものなので、たんぱく質は非常に重要なものです。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ