酵素の寿命

酵素は永酵素は永久に体内で働いてくれるの?

酵素にも、寿命というものがあります。基質をくっつけたり、離したりしているうちに、穴がつぶれてしまい、役割を果たせなくなったときに、酵素は死にます。酵素の寿命は、短い場合は数時間、長いときでも数十日間といったところです。あるものは、排泄されたり、アミノ酸に分解されて再度吸収されたりと、新たな酵素やたんぱく質を作る原料となるのです。このように、絶えず作り続けているのですが、さすがに酵素製造能力にも限界があります。年をとっていくにつれて、だんだんと減少していき、40歳を超えたあたりから急激に減少し始めます。
この能力が永久に続けば、ずっと若々しさを維持できるのにと感じる人もいるかもしれませんが、この能力は必ず衰えてしまいます。
酵素の製造能力が落ちたり、潜在酵素を使用しすぎることが原因で、代謝酵素が働かなくなります。昔は一晩寝るだけで疲れが一気に吹き飛んでいたのに、歳をとるにつれて、なかなか疲れがとれない人がいるのは、これが原因だからです。

 

体内酵素の総量は決まっている

酵素は、常に作られていますが、一定の量しか作ることが出来ません。しかし、酵素の生産能力には、DNAの関係から個人差があります。生まれたときからたくさんの生産能力を持っている人もいますし、逆に、あまり持っていない人もいます。
かといって、生涯作られる体内酵素の総量は決まっています。これを潜在酵素といいます。
人間は、生まれた瞬間に、一定量しか作ることの出来ない酵素の生産能力が与えられ、それを日常生活のなかで使用して老化して病気になり、最終的に死んでしまいます。
そのため、できるだけ生産能力を無駄遣いすることは避けましょう。
また、年齢によって酵素の質は変化します。69歳以上の唾液中の酵素と、若者の唾液中の酵素を比べたとき、69歳以上の人は若者よりも酵素活性が30倍も弱いのです。
これらのことから酵素は、携帯電話などに例えることができます。購入当初は長く話せますが、月日が流れるとともに、しだいに充電能力が落ちていって、購入当初よりも長く話すことは出来なくなります。このように、携帯電話と酵素はよく似ているのです。

 

酵素と白髪にはじつは深い関係がある

酵素は寿命の関係から、生命保持に重要なところを中心に作業するので、毛髪は真っ先に見捨てる場所です。チロシナーゼといわれる酵素が、髪にメラニン色素を固着させています。しかし、このチロシナーゼは年をとると共に、潜在酵素が減少して、活性化されなくなり、別の重要な部分に回されるため、白髪ができてしまうのです。
たとえ白髪があるからといって、死んだりすることはないのですが、呼吸をさせたり、心臓を動かしたりする酵素がなくなってしまうと、命に関わることになります。なので、命とは無関係の髪が一番最初に見捨てられます。
酵素は、無駄遣いさえしなければ、人間の酵素貯蔵量は約150歳分ほど存在します。しかし、若者のほとんどが酵素をたくさん浪費しているのが現実です。酵素を欠乏させる原因として、ラーメンや焼き肉などの加熱調理した食べ物や、お菓子や夜中に摂る食事などの生活習慣です。また、それだけではなく、過剰なストレスや環境汚染なども原因です。
歳をとっても健康的な体でいるためには、潜在酵素を浪費しないことが重要です。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ