酵素のはたらき

人間や植物には酵素が欠かせない

約100兆個の細胞によって、人間の体は構成されています。この100兆個の細胞は、1個あたり100万回の違った化学反応を行っていて、体のあらゆるところで連続して起こっています。仲立ちする役割のある触媒の力を借りなければ、この化学反応は成立できません。この触媒こそが酵素です。
植物の場合は、種からの発芽や実が熟すのも、葉が紅葉するのもすべて酵素の働きであり、人間の場合は、まぶたを閉じたり、息をしたり、話したり、聞いたりすることも酵素の働きです。また、酵素なしでは、食べることも、食べたものを消化することもできないのです。
このように、酵素がなければ、人間を含めたあらゆる生物の体内で起こるすべての化学反応を行うことは不可能です。
その他、酵素は、細胞の入れ替えや、エネルギーを作り出したり、組織の修復、老廃物の排泄などのさまざまな役割があります。私達の体の中にある約100兆個のすべての細胞が、酵素を必要としています。このように、酵素が存在しているからこそ、私たちは生きていくことができているのです。

 

酵素ってどんな役割があるの?

三大栄養素は、人間を家に例えるとしたらすべて家の資材です。良質な家を建てるためには、まずは素材がきちんとしておかなければいけないので、素材の吟味からしなければいけません。体に良い食べ物を摂る理由がここにあります。
また、家を建てるためには、細い桟や太い柱など、一度さまざまな建築部品を作って、それらを組み合わせる必要があります。ただ森にある樹木を持ってきても家を建てることは出来ません。このように、素材の質と組み合わせが良い家か悪い家になるかを左右します。
酵素は、例えると建築に携わる作業員であり、ときには大工、ときには設計士など、多岐にわたる役割があります。
また、時間が経つと家も傷んできて、水漏れなどが起きる場合もあります。そのときは補修工事をしますが、その工事にも良質な材料と大工が必要となります。その材料は栄養素であり、補修整備をする大工が酵素となります。
また、化学工業などで使用される金属触媒は科学的な力のみでしか働かないのですが、酵素の場合は、生物学的な力としても働きます。

 

酵素の中身は何でできている?

昔は、酵素は21種類のアミノ酸から構成されているタンパク質に取り囲まれていることから、酵素の中身はタンパク質で出来ていると言われていました。しかし、それはあくまでも外殻であり、酵素はタンパク質ではありません。酵素は、そのタンパク質の殻の中で独自の働きをしています。
生命体にはDNAが存在しており、塩基の並びからアミノ酸も構成されます。したがって、DNAによって、アミノ酸の外殻を持つ酵素が作られ、DNAの構造上に存在します。
酵素が別のタンパク質と異なっている点、それは、酵素には穴があり、その穴に他の物質をとらえて、合成や分解などの化学反応をより早く起こさせる力があるということです。
酵素の活性が最も高まる温度は、44℃~50℃くらいまでです。病気の際に、体温が約40℃まで上がるのは、酵素の働きを高めて病気を早く治そうするからです。
ある条件下の下で、活性化したりしなかったりするため、酵素は単なる触媒ではないのです。つまり、酵素は、タンパク質の殻に包まれている触媒的な働きを行う生命体ということです。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ