酵素と栄養素

ビタミンとミネラルは酵素にとって不可欠

五大栄養素といわれるくらい非常に重要な物質であるミネラルやビタミンが体内できちんと働くためには、酵素が不可欠です。酵素の働きをサポートする補因子には、補酵素と補助因子が存在します。この補酵素は、ビタミンであり、補助因子はミネラルです。
酵素は、たんぱく質のみの単純酵素と、たんぱく質でない部分の配合族との複合体によってできる複合酵素と呼ばれるもので構成されています。
単純酵素とは、アミラーゼやペプシン、そしてリパーゼなどの消化酵素です。複合酵素とは、たんぱく質部分のアポ酵素に、たんぱく質部分でない補酵素と補助因子が結合した酵素のことです。このことをホロ酵素といいます。このホロ酵素は、ビタミンやミネラルがなければ活性化することはできません。
現在では、ビタミンやミネラルの重要性は、幅広く認識されています。しかし、これらは補因子なので、酵素の子分となります。九番目の栄養素である親分の酵素は、子分の後塵を拝しています。これは、酵素の研究の遅れによる逆転効果です。

 

たんぱく質を摂っても酵素は摂れない!

フランスのジャン・ペルソーと、アンセルム・ペイアンは1833年に、ジアスターゼという酵素を最初に酵素を発見しました。この、ジアスターゼとは、消化酵素であるアミラーゼのことです。わずかな量でも酵素は、多くの物質に作用することができ、水中で活性化して、最適pHは中性付近です。
アメリカのコーネル大学のジェームズ・サムナー教授などは酵素の本体がタンパク質と規定しました。たんぱく質分解酵素であるペプシンや尿素を加水分解する消化酵素のウレアーゼなどを結晶として取り出し、その結晶がたんぱく質だったため、たんぱく質と規定したのです。この間違いによって、酵素栄養学の進歩を遅らせました。たんぱく質は、体内の必要なところに酵素を運ぶ役割にしかすぎません。これは、リポタンパク(コレステロールが高比重(HDL)や低比重(LDL))などによって血液中を運ばれているのと同じことです。
HDLやLDLは、人間にとって必要なものですが、あまり過剰になるときは、弊害が出てきます。
酵素はたんぱく質を摂ることで取れるという大きな間違いが土台となって、酵素が六大栄養素に含まれないことになりました。

 

酵素研究が遅れた?!

酵素の平行分泌理論というものがあります。これは、ロシアのバブキン教授が発表した、プロテアーゼ、リパーゼ、アミラーゼの3つは、何を食べても消化にあたっては同時に分泌されるというものです。これが、酵素栄養学の研究を遅らせたと言われています。
バブキン教授は後に、膵臓にある分泌腺によって、この3つの消化酵素は同じ濃度で分泌されることを発表しましたが、これは多くの科学者たちによって間違いだということが証明されました。
しかし、無限に酵素はつくり出されることや、酵素の本体はたんぱく質などという理論に振り回された結果、50年も酵素研究が遅れることになりました。
たんぱく質を摂ればプロテアーゼ、脂肪を摂ればリパーゼなど、その時々で適切に必要な分のみを分泌させるという適応分泌の法則が正解となりました。
酵素の謎は多いですが、生命、健康を維持していくために酵素は必要不可欠なものということだけは間違いありません。
人の体内には、約2万種類以上の違った酵素が存在しており、代謝の数だけ種類は必要なのです。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ