消化酵素と代謝酵素

消化酵素や代謝酵素って何?

消化酵素や代謝酵素について紹介したいと思います。人間の体の中では、消化酵素と呼ばれるものと、代謝酵素と呼ばれるふたつに分類される酵素が生み出されます。
消化酵素とは、人間が食べ物を食べたときに、その食べ物を消化する酵素のことです。そして、代謝酵素とは、消化酵素ではないすべての酵素のことをいいます。また、この代謝酵素には、有機体が異化や同化などの生命を維持するために行う一連の化学反応を仲立ちする働きがあります。
この、消化酵素と代謝酵素のふたつを合わせたものを潜在酵素といい、潜在酵素は生涯で生産される量が決まっているのです。
人の体は、この一定の量を消化作業と代謝作業に振り分けています。消化作業と代謝作業はどちらも人間の体にとって絶対になければならないものです。しかし、最も大切なことは、このふたつの酵素のバランスです。片方が少なくなってしまうと、片方が多くなってしまいます。健康な体を維持させるためには、消化酵素が占める割合を小さくさせることです。

 

代謝酵素と消化酵素の関係

酵素は、1日に生産される量が決まっています。
全体で約2万種類の酵素が私たちの体の中に存在しています。しかし、そのうちの24種類は消化酵素です。
分かりやすいように貯金に例えて説明すると、消化酵素は5000円、1万円などの価値のある高いお金だといえます。なぜなら、消化酵素は数が少ないうえに、全体の一定量と戦っているからです。
代謝酵素は、10円や、100円などの少ないお金です。しかし、この小銭は自分にしかやることのできない仕事をしていて、それが欠けてしまうと体に支障が出るのです。この代謝酵素が存在しているおかげで、健康を保つことが出来ています。そのため、この場合は例として挙げた金額とその価値は比例しません。
消化作業のために何枚もの大金のお札が使われることで、1日の残金がすぐに減ってしまうことは問題です。なので、洗濯や掃除、そして修理など、その日のうちに片づけなければならない大量の大切な仕事に手が回らなくなってしまいます。
そのため、代謝酵素が果たさなければいけない役割を果たせなくなってしまいます。

 

消化酵素にはどんな種類のものがある?

人間の体にとって欠かすことのできない三大栄養素。この三大栄養素は、口から胃や小腸にわたるまでに、それぞれの場所で違った消化活動によって分解、消化されます。炭水化物であるアミラーゼや、脂質のリパーゼ、そして、たんぱく質のプロテアーゼは、24種類存在する消化酵素のうちの代表的な三大栄養素の消化役です。アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼはそれぞれ総称であり、このほかにも消化酵素群は多量に存在します。

具体的な消化酵素の種類を紹介します。
<唾液腺>
●唾液アミラーゼ・・・おおまかに炭水化物を分解します

<下層胃>
●リパーゼ・・・脂肪を分解できる柔らかさにします
●レンニン・・・おおまかに乳製品を消化します
●ペプシン・・・おおまかにたんぱく質を分解

<小腸>
●ジペプチターゼ・・・たんぱく質をジペプチドに変換します
●マルターゼ・・・麦芽糖をブドウ糖に変換します
●ホスファターゼ・・・脂肪のリン酸塩を柔らかくします

<膵臓>
●キモトリプシン・・・ポリペプチドを分解してアミノ酸に変換する
●アミラーゼ・・・デンプンをブドウ糖に変換する

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ