消化酵素と代謝酵素の関係

肉食動物のビタミンCの補い方とは

ビタミンCは、私達のからだには欠かせないものあり、生命体における物質代謝にいろいろな形で関係しています。なかでも、筋肉や皮膚、血管、骨の強化、老化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制するなどの働きのあるコラーゲンの合成は、正常にからだの機能を維持するためには絶対に欠かせない重要な栄養素となります。
このビタミンCが不足すると、次のようなさまざまなことが発症します。
☆感染症にかかりやすくなる
☆血管が弱くなる

私たち人間は体内でビタミンCを作ることが出来ないので、野菜や果物など、ビタミンCが豊富に含まれている食べ物を積極的に食べて、生命の維持に支障がでないよう気を付けることが重要です。

トラやライオンは肉のみしか食べませんが、ビタミンCを自分自身の体内で合成しているため、外から補給する必要はありません。
ガラクトースやブドウ糖からビタミンCを生合成しており、実はここにも酵素の力が働いているのです。
肉食動物がなぜビタミンCを体内で合成できているのか、それは、ビタミンCは炭素と炭素のつなぎ目に4つの酵素が必要なのですが、それをすべて持っているからです。

 

消化酵素と代謝酵素は密接な関係?!

消化酵素と代謝酵素は密接に関わっています。消化酵素が消耗すると、代謝酵素が欠乏します。その結果、たくさんの病気をつくり出す原因となります。
ワシントン大学の外科医グループが、管を数匹の犬につけて、膵液を体外に流出させる実験を行った結果、犬たちは、通常通りに餌を与えていたにも関わらず、一週間以内に死んでしまいました。
膵液には、三大栄養素をすべて分解できるだけの様々な消化酵素が含まれていて、哺乳類の消化や吸収では重要な役割を果たしています。そのため、膵液を抜かれた動物たちの体内では、このような作業が行われなかったのです。
逆に胆汁は、体からいくら流出させても生命の危険には至らなかったということが、この実験で証明されました。胆汁には酵素が含まれておらず、そのため、どんなに胆汁が流出しても、潜在酵素が少なくなることがなかったのです。
人間も、腸に急性の障害が起こって下痢や嘔吐などが続くと、3~4日で死に至ることがあります。その原因は、体内の水分や電解質が少なくなって、体液のバランスが崩れる脱水症状です。それに加えて、膵液中に含んでいる酵素が大量に排泄されてしまうということも大きな原因と考えられます。

 

酵素を消耗させる原因となる食品とは?

白砂糖が含まれている食品や、レトルトやインスタントなどの加工食品は、酵素を消耗させる原因となるため、このような食生活を続けている人は改善するようにしましょう。
その他、加熱処理された無効素食品や、高タンパク食品、トランス脂肪酸、砂糖以外での高GI食品などの悪い油脂など、酵素消耗の原因となる食べ物は数多く存在するので充分気を付けましょう。
適応分泌の法則(例えば、膵臓はたくさんの消化酵素を分泌しているが、異常がある場合は、酵素を動員し、そのときに必要な消化酵素に変換して分泌する)というものがありますが、きちんとした食生活を送っていない人は、体内の酵素が消化酵素へとどんどん動員されて、浪費されます。その結果、急激に酵素の備蓄が減っていき、潜在酵素が減少します。そして、解毒や代謝に回る酵素が不足する事態へとつながります。
このような食品を過剰に摂取することで、充分に代謝酵素が得られなくなり、病気にかかったりと、健康なからだを作ることが出来なくなります。
それだけではなく、老化も進み、寿命も短くなるなど、悪循環となります。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ