消化酵素とは?

消化酵素は健康素維持するために必須

簡単に、食べ物を食べた場合の消化の流れを説明します。食べ物を食べたとき、アミラーゼの一種であるプチアリンという消化酵素を使って、その食べ物に含んでいる炭水化物を消化することから、作業を始めるのです。
酵素を多く分泌させるためには、食事をするときによく噛んで、ゆっくりと食べることが大切です。
食道を通れるくらいのサイズまでに砕かれた食べ物は、胃に到達して、ペプシンと胃酸といわれる酵素によってたんぱく質を消化させます。そして、ほとんどの栄養素が分子レベルまで分解、変換されて体内へと吸収される働きを持つ小腸へと向かっていきます。
その後、大腸へと移動します。ここで、水分や電解質の吸収が行われて、排泄します。
栄養価が高い食べ物を食べたとしても、脂質はグリセリンと脂肪酸へ分解、たんぱく質はジペプチドやアミノ酸へ分解、糖質は単糖類へと分解することで、体内に吸収されなかったら栄養にはなりません。
十分な栄養素を吸収することができ、健康を維持するためには、消化酵素の働きが必須となります。

 

消化酵素が持つ消化力とは?

消化酵素が持つ消化力について説明します。
小腸に分泌されている膵液のトリプシンは、300gのたんぱく質を約1時間で消化します。
腸液や膵アミラーゼのスクラーゼやマルターゼは、約300gの炭水化物1日で消化します。また、腸液や膵液からのリパーゼは、約175gの脂質を1時間で消化します。
栄養補給には、体内で合成していないアミノ酸(9種類)や、ビタミン(13種類)、そしてミネラル(19種類)の三大栄養素が必ず必要となります。
なので、健康な体になるためには、これらの栄養素を毎日体に取り入れることが大切です。

食べ物の体内での滞在時間はどのくらいなのかを紹介します。
☆口・・・約一分
☆食道通過・・・約10秒
☆胃・・・約3~5時間
☆胃の幽門括約筋から遊離・・約1~5分
☆小腸・・・約4~5時間
☆結腸基部・・・約6~7時間
☆横行結腸・・・約9~10時間
☆結腸末端・・・約12~24時間

三大栄養素をしっかりと取り入れて、健康的な体を目指しましょう!!

 

なぜ牛は草を食べるのにあんなに筋肉がついているの?

人間は、たんぱく質や糖質、脂質を体内に取り入れるために、肉や魚、穀類などを食べます。それらを積極的に食べることでエネルギーとなり、それを支える骨格や筋肉が構成されます。
牛は草しか食べないにもかかわらず、なぜ強靭な筋肉を持っているのか、その原因は、胃の微生物と酵素にあります。
牛には、反芻といって、4つの胃が存在し、一度草を食べても再度口に戻す咀嚼を繰り返す習性が存在します。
食べられた草は、まず、大量の細菌や原虫などの微生物が棲んでいて、消化されにくい草の食物繊維をさまざまな物質に分解する働きを持つ、第一胃へと送られます。
草のたんぱく質も、この第一胃内で分解されます。そして、その分解されたたんぱく質を微生物が取り込んで、自らの体にたんぱく質を合成するのです。この微生物たんぱく質は、栄養価が非常に高いです。
食物繊維を分解する働きのある消化酵素のセルラーぜは、人間には存在しません。そのため、人間はいくら草を食べたとしても筋肉がつくことはありません。同じように牛の場合もセルラーゼを作ることは不可能ですが、この細菌や原虫という微生物が酵素を作り、提供することによって草が消化されるのです。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ