食物酵素について

すべての食物のなかに含まれている食物酵素。この食物酵素が働くときは、動植物が死ぬときです。そして、自ら動植物の本体を分解するのです。

私たち人間は、酵素を使い切ると死ぬのですが、正確に言うと、酵素は寿命が来た際に完全になくなってしまうということではありません。たとえ死んでも、肉体を自然にかえす分だけはきちんと残しています。

よく、”死んだら土に還る”という言葉を聞くと思いますが、実は、それは人間の体内酵素が行っているのです。このような食物酵素の役割のことを、事前消化といいます。

食物が噛み砕かれ、その結果、細胞が破られ、その瞬間から食物中に存在している酵素が力を発揮するのです。
それは人間の消化酵素が活動しはじめるよりもずいぶん前です。そのため、この事前消化によってある程度分解されたら、次の本格的な消化をするときに、人間は事前の消化酵素の製造が少なくていいのです。

そして、残りの分が代謝酵素に回され、それが健康や寿命に大きく関わってくるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ