酵素をたくさん含む生野菜や果物で健康的に

人間の体は、酸素、炭素、窒素、水素、リンなどの元素によって構成されています。
しかし、その65パーセントが酸素で構成されているのです。そのため、人間は酸素なしでは生きていくことが出来ません。

また、人間は70パーセントが水分で構成されています。この組成が大きく変化することはありません。
しかし、脂肪をたくさん摂りすぎてしまうと脂肪の割合が増え続ける一方であり、細胞自体も大きくなります。つまり、これが肥満(太る)ということになるのですが、その際も水の割合は変化しません。

脳細胞がもっとも水を必要とする細胞であり、その割合は85パーセントです。人間は、この水分が減少するとおかしくなってしまいます。およそ84パーセントほどになると、ボケたり、命にも支障が出てくることになります。酵素も水がなければ働くことができないです。それほど、水分は人間が生きていくうえで絶対に欠かせない大事なものなのです。

酸素が豊富に含まれた水を十分に摂ることが可能な食材として、生野菜や果物があります。そのため、健康的な体になるためには、普段の食生活の中で生野菜や果物をたくさん食べることが重要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ