酵素は難病治療に最適!

小腸全体でおよそ3000万本ある腸絨毛。
そして、1本の腸絨毛は栄養吸収細胞で覆われているのですが、その数はおよそ5000個です。
そのため、小腸全体で約1500億個もの栄養吸収細胞が存在しているのです。

栄養を取りこむ際に、このような膨大な量の吸収細胞が働きます。この働きが円滑に行われていないと、私たちは栄養不足となり、その後の重要な代謝がスムーズにいかなくなるのです。

がんなどの難病治療の基本としては、ファスティングと、酵素が豊富に含まれている食事を摂ること、そして、酵素サプリメントです。
がんの治療の際に、抗がん剤を使用しないところもあります。その理由は、体の中に抗がん剤を入れることで、この腸絨毛が崩壊されると考えられているからです。

この治療が長い期間継続されればされるほど、腸絨毛全体に悪影響を及ぼします。樹木の根が枯れてしまうと、充分な栄養を摂ることが出来なくなります。この栄養吸収細胞が崩壊することで、免疫力だけではなく自然治癒力もつかなくなり、本来ならば治るはずの病気も、治らなくなる可能性があると恐れられています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ