酵素は代謝量が多いほど消耗する

私たち恒温動物の人間は、常に一定の温度に保たれているので、環境によって血温が変化したり、代謝に変化が起こるなどはありません。

しかし、代謝の強さは寿命に反比例するということは、運動量の激しいスポーツ選手やお相撲さんなどのほとんどが短命だということからも分かるでしょう。
代謝量が多くなるということはつまり、睡眠不足や過度な運動、消化不足、過食などによって過剰に酵素が消耗されたということです。

生物の寿命は、体内酵素の総量(潜在酵素)の消耗度に反比例しています。

しかし、だからといって、運動を全くしないといのは間違いです。なぜならば、骨や筋肉、神経を使わなければ、委縮して機能不全を起こしてしまうからです。
なので、当たり前なことですが、適度な運動を生活の中で取り入れるようにすることが非常に大切です。

激しい運動をする選手の場合は、酵素がたくさん含まれている食べ物をしっかりと摂る必要があります。食物酵素は、潜在酵素の消耗を防ぐのにぴったりです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ