酵素と腸の関係について

酵素と腸に関するテーマについて紹介します。
そもそも腸とは、消化・吸収・免疫という、わたしたち人間の健康を左右する臓器のことです。

腸から発達してできたものとして、脳や肝臓、膵臓、腎臓などが挙げられます。また、脳ほどではないですが、神経細胞の数も脊髄と同じくらい存在しており、これらが腸管に張り巡らされているのです。
第二の脳といわれている腸。なぜならば、腸管は消化や吸収の作業の司令官の役割があるからです。腸を健康にしたり、若返らせたりすることが健康の鍵となります。

腸がどれほど重要であるかを、人間を樹木に例えて説明します。樹木には、栄養吸収細のある根が存在し、それが、樹木を支えています。
この根が人間にとっての腸であり、栄養吸収細胞が小腸の腸絨毛となります。樹液は、人間でいうと血液やリンパ液にあたり、光合成によって酵素をつくり出す葉は、肺にあたります。

正しい栄養を取りこむためには、腸内環境が健全でないといけません。
腸を健康に保つためには、たくさんの食物酵素が含まれている食材を摂ることです。
健康は、体に取り込む食べ物の良し悪しによって、大きく変化するのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ