酵素と消化の関係について

食物の中に含まれている炭水化物、タンパク質、脂肪の三大栄養素を、それぞれ小腸で吸収できる分子レベルまで小さくすることを消化といいます。

消化管の粘膜は、目が非常に細かいため、小さな分子のビタミンやミネラルはそのまま吸収することができます。しかし、逆に大きいものはそのまま通ることができません。
つまり、消化とは三大栄養素を分解することなのです。

ネックレス状に繋がっている炭水化物とタンパク質。タンパク質は、およそ100個以上のアミノ酸の玉が連なった長くて大きい数珠みたいなものです。
炭水化物のデンプンも同じで、単糖のブドウ糖がたくさん繋がってできています。

これらは、一回では分解できないため、唾液や胃液、膵臓、腸液と段階を踏み、つながっている玉をゆっくり丁寧に切り取ります。そして、アミノ酸の玉、ブドウ糖の玉と分けていくのです。これが消化作用の正しい手順です。

アミラーゼやプロテアーゼなどの酵素が、この切り分けをするハサミの役割を果たしています。
以上のように、消化とは、酵素というハサミで食物を切ったり、はずしたりして、微細な形へと分解させるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ