酵素と二日酔いの関係とは?

お酒を飲んだ後、胃と小腸上部でアルコールが吸収され、最後に肝臓に運ばれます。ここで、次の二段階の酵素作用を受けて処理されます。

まず、第一段階では、肝臓にあるアルコール脱水素分解酵素(ADH)が、アルコールをアセトアルデヒドといわれる悪酔い物質と水素に変えます。
第二段階では、アセトアルデヒドをアルデヒド脱水素酵素(ALDH)といわれる酵素が働いて、害のない酢酸と水素に分解し、それを血液中に放出します。そして最後に水と炭酸ガスになって体の外へと放出します。

吐き気があったり、頭痛などの症状を起こしたりと、非常に強い毒性を持っているアセトアルデヒド。この段階で十分にアセトアルデヒドが分解できないで体の中に残ってしまうため、二日酔いになるのです。

体重が60㎏の人で、1時間で約7gほどのアセトアルデヒドしか分解することができないため、
アセトアルデヒド脱水素酵素は、能力に限界があるのです。

分かりやすく言うと、0.2合分の日本酒、ビールでいうと大瓶約3分の1ほどです。1日に5合飲むと、分解するのに25時間もの時間がかかり、アセトアルデヒド脱水素酵素は1日中、分解の作業をし続けます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ