酵素が持つ偉大な力とは

私たち人間は、年齢を重ねていくとともに潜在酵素が少なくなり、食物の消化や吸収、解毒能力が衰弱していきます。
それに伴って免疫力も低下するので、いろいろな細菌を駆除する作用も弱まり、その結果病気にかかりやすくなります。

なので、天然の酵素が含まれている野菜や果物をたっぷりと摂って、年齢と共に減少していく潜在酵素を補ってやることが大切です。天然の酵素を摂取するということは、同時に抗酸化物質も摂っていることになるのです。

例えば、アントシアニンなどのポリフェノールやβカロテンなどのカロテノイドなど、ファイトケミカルがそれです。
このファイトケミカルには、マイナスイオンが存在していて、活性酸素を水に変えてくれる役割を持っています。大根やブロッコリー、キャベツ、アブラナ科などの野菜に、この抗酸化力がたくさん含まれています。
その他、ビタミンCのアスコルビン酸やビタミンEのα-トコフェロールも含まれています。

酵素や抗酸化物質が豊富に含まれている生の食べ物は、ドイツやアメリカ、ヨーロッパ諸国などの世界各国で病気の治療に使われています。
日本でも、ガンなどの難病に酵素食やファスティング、酵素サプリメントを中心とした酵素医療が行われています。
それほど、酵素のような”生の持つ力”とは偉大なものなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ