代謝酵素の役割

代謝酵素の具体的な役割とは?

代謝酵素にはいったいどのような働きがあるのでしょうか。
栄養素は、小腸から吸収されて、血液を通じて全身へと運ばれます。そして、骨格や各臓器などをつかさどっている源になります。人間は、呼吸をしたり、話したり、考えたりなどの日常活動をしているとき、このエネルギーを使っているのです。
そして、自然治癒力や自己免疫力も身につけて、細胞分裂によって新たな細胞に入れ替えていきます。
新陳代謝とは、このような過程のことをいい、人間は生涯この行為を続けるのです。
1日に1~2兆個の細胞が人間の体内で新しく生まれ、同時に、ほぼ同じ数の細胞が消滅します。
代謝酵素という名の作業員が、これらの活動に大きな力を発揮しています。
各細胞や各組織に存在している代謝酵素は、動脈内で100種類近くの酵素が存在し、しかも、それぞれ違った役割を果たしています。
脳、肺、心臓、腎臓などの臓器には約1000種類以上の酵素がありますが、これらはあくまでも種類であり、無数存在しているので、計測することは出来ません。
各酵素群がエネルギーの生産や遺伝子の修復など、体内のそれぞれの部分で決められた役割を果たし、その働きは生命活動そのものといえます。

 

酵素とエネルギーは深く関わっている!

人間は、エネルギーがあるからこそ生きていくことが出来ています。エネルギーと酵素は密接な関係がありますが、具体的にどのような関係があるのでしょうか。
食事で摂取した三大栄養素は、小腸で、炭水化物はブドウ糖、たんぱく質はアミノ酸、脂質は脂肪酸へと単一の物質に変えられ、吸収されます。ブドウ糖の場合は、その一部が肝臓でグリコーゲンとして蓄えられます。そして必要に応じて、生命エネルギーの源とされているグルコースという物質になって、肝臓から血液中に流出されて、全身の細胞へ送ります。
グルコースをエネルギーに変換するまでに、多くの酵素が必要となります。
例を挙げると、肝臓でグリコーゲンを合成する際、グリコーゲンシンターゼなどの酵素が必要不可欠であり、グリコーゲンをグルコースに変えて、血液中に流出させる際には、グリコーゲンホスホリターゼなどの3つの酵素が必要となります。
全身に運ばれたグルコースは、ミトコンドリアに存在するクエン酸回路でエネルギー源のATPに代謝されるまでに、何十種類もの酵素があります。
このうちのどれか一つだけでも欠けたら、機能障害が発症してしまうので、それだけ酵素は深くエネルギーと関わっているといえます。

現在、たくさんの酵素が市販されています。
どの酵素もネットや口コミで人気があり、評判の良いものばかりです。

公式ページからら簡単に申込みができます。
詳細・申込みは、下記リンクから!!

■ベジーデル酵素液↓↓
べジーデル酵素液

■ベジーデル酵素粒↓↓
ベジーデル酵素粒

■酵水素328選↓↓
酵水素328選

■ベルタ酵素↓↓
ベルタ酵素ドリンク

■優光泉(ゆうこうせん)↓↓
優光泉

■お嬢様酵素↓↓
お嬢様酵素

■ごちそう酵素↓↓
ごちそう酵素

■ローヤルエンザミン酵素↓↓
ローヤルエンザミン酵素

■ベジデーツ↓↓
ベジデーツ

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ